【コーディングってやるの?】小学校でのプログラミング教育とは

小学校プログラミング教育とは学校
プログラミン風景

 どうも!サポティーです!

 皆さん、2020年から小学校でプログラミング教育が始まっていることはご存知でしょうか。

 「小学生がコーディングやるの!?」、「先生がC言語とか、HTMLとかを教えなきゃいけないの!?」など、勘違いをされている方が多いと思います。

 最初に言います!プログラミング教育は、プログラミング的思考を育成することで、決して実際のプログラミングをすることではありません!

 この記事では、小学校で実際に行われているプログラミング教育を紹介して、プログラミング教育とは何なのかについて解説します。

 小学校でのプログラミング教育の基本を知っておきたい人は最後まで読んでいただくことをおすすめします。

プログラミング教育の実践例

 初めに、小学校で行うプログラミング教育の実践例を見てみましょう!

MESHではじめるプログラミング教育実践DVDブック ダイジェスト

 いかがでしたか?思っていたプログラミングとはだいぶ違っていたのではないでしょうか?

 MESH(メッシュ)という機械をつなげることで、プログラミングを学んでいます。

 C言語やコーディングなどの難しいスキルは必要なく、誰でも簡単にプログラミングを体験することができます。

 例えば、理科の授業で、「1時間ごとの気温と空の写真のデータを撮る」ことを目的とします。

 子どもたちはMESHを使って、「写真を撮る」→「1時間待つ」→•••と、目的を達成するために筋道を立てて考えるということを自然とするようになります。

 この活動こそが、プログラミング教育を通して身につけさせてたい「論理的思考」です。

 動画にあるように、プログラミング教育は理科や家庭、図工など、小学校のありとあらゆる授業で実践されています。

ここだけ覚えて!|プログラミング教育のポイント

 「プログラミングとは」を詳しく解説する前に、ここだけ覚えておけば大丈夫!というポイントを先にお伝えします。

コーディングは学ばない

 プログラミン教育の目的で、最も重要なことは「プログラミング的思考」を身に付けることです。

 「プログラミング”言語”」を学ぶ訳ではありません。

 保護者の中には、「学校でプログラミングを学べるようになる」と期待されている方がいらっしゃいますが、「プログラミング自体を学ぶことではない」ということは押さえておいてください。

 学校の先生も「プログラミングなんかやったことがないから教えられないな」と思っているかもしれませんが、安心してください!プログラミング言語の知識がゼロでも教えることができます!

 勘違いをされている方もいるので、覚えておきましょう。

教科ではない

 時間割の中に、「1時間目国語、2時間目プログラミング…」と書かれることはありません。

 つまり、プログラミング教育は教科ではなく、既存の教科の中で教えるものです。

  • 理科の実験でプログラミング教育をする
  • 家庭科の授業で、快適な生活を考えるためにプログラミング教育をする
  • クラスの係活動でプログラミングを活用する

 ☝️学校の教育活動全ての中で、プログラミング教育は行えます。各授業でプログラミング的思考で考える活動そのものが、プログラミング教育です。

プログラミング的思考を学ぶ

 重複することですが、プログラミング教育でプログラミン的思考を学ぶことが目的です。

 プログラミング的思考を簡単に説明すると、問題解決をする際の一連の論理的な考えという意味です。

 「プログラミング的思考」は、プログラミング教育におけるHOTキーワードです!

プログラミング教育とは?

 それでは、プログラミング教育についてもう少し詳しく解説します。

小学校プログラミング教育の経緯

 文部科学省の手引きによると、次のように説明があります。

コンピュータを理解し上手に活用していく力を身に付けることは、あらゆる活動においてコンピュータ等を活用することが求められるこれからの社会を生きていく子供たちにとって、将来どのような職業に就くとしても、極めて重要なこととなっています。諸外国においても、初等教育の段階からプログラミング教育を導入する動きが見られます。

文部科学省|小学校プログラミング教育の手引(第三版)

 つまり、コンピュータに囲まれている社会を生き抜くこれからの子どもたちは、コンピュータの仕組みを理解して、主体的に活用していくことが求められるため、小学校からプログラミング教育を行うこととなりました。

 現代の子どもたちは、生まれながらにして身の回りにコンピュータがありました。

 スマートフォンを初め、自動車、冷蔵庫、エアコンなど、様々なものにコンピュータは内蔵されています。

 これらを効果的に使うためにも、コンピュータの仕組みを理解することが必要とされています。

 例えば、「テレビを見るためにリモコンのスイッチを押す」という動作を考えます。「電源を入れる」という命令を「テレビ」に与える、この命令こそが「プログラミング」です。

 プログラミングの一端を知ることで、コンピュータをより身近に感じることができます。

 これからの子どもたちには、自分で考えて、自分からコンピュータを使えるようになってほしいと願いを込めて、プログラミング教育を導入しました。

プログラミング教育で身に付く力

 小学校学習指導要領(学校で教えることをまとめた指針)によると、プログラミング教育をすることで、子どもたちに3つの力を身に付けることができるとされています。

1つ目|プログラミング的思考

 前述したように、プログラミング教育ではプログラミング的思考を育むことができます。

 「どうやったら課題を解決できるか」、「どの順番で命令を出すか」など、子どもたちは論理的に考えることができるようになります。

 例えば、コンピュータで正三角形を描く場面があるとします。

 「正三角形を描く」とコンピュータに命令することはできません。

 ではどうすれば良いか?

 子どもたちは、算数で学んだ正三角形の特徴である「辺の長さが全て等しい」、「角の大きさが全て等しい」、「円に内接する」などの事柄をもとに考えていきます。

 コンピュータに、「左に10進む」→「右に60°曲がる」→・・・と命令を出していき、正三角形を描きます。

 この一連の思考作業が、「プログラミン的思考」を育むことにつながるのです。

2つ目|情報社会でコンピュータを上手に活用していく態度

 プログラミングは、コンピュータの仕組みを学ぶ一端です。仕組みを学ぶことで、コンピュータの良さが分かり、情報社会を生き抜くのに役立ちます。

 小学校でお米のでき方を学んだことを覚えていますか?

 農家でのお米づくりを学び、食に対して正しく理解をすることが目的です。

 プログラミング教育も同じです。仕組みを理解することで、コンピュータやコンピュータを扱う職業について理解を深めることができます。

 現代のIT人材不足を解決する手段としても、プログラミング教育は必要とされています。

3つ目|各教科をより深く理解する力

 プログラミング教育を学ぶことで、他の教科にも役に立ちます。

 課題解決に向けて論理的に考える力や態度は、どの授業にも生かせることができます。

 今まで気づくことができなかった事実や理由を自分で見つけ出すこともできるかもしれません。

サポティーまとめ

 プログラミング教育とは、コーディングなどのプログラミング言語を学ぶことではなく、「プログラミング的思考」を学ぶものと説明しました。

 物事を筋道立てて考えるという活動は、勉強だけではなく、日常生活でも大事なことだと思います。

 みなさんも普段生活をしていて、「何でこうなるんだろう?」や「どうやったらできるかな?」と考えることはありませんか?

 普段から目の前に課題が現れます。その課題を解決するために、試行錯誤をしたり、一生懸命調べたりするはずです。

 プログラミング教育は、活動を通して生きる力を身に付けることだと思います。

 2020年から小学校で始まったので、世間での認知度は低いかもしれません。今後は、中学校や高校でもプログラミング教育を実施していく予定です。

 今後、プログラミング教育はますます注目されることになるでしょう。

 この記事でプログラミング教育に少しでも興味をもっていただけたら嬉しいです。是非みなさんも、学校での教育について知ってもらえればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました