接触確認アプリの登場!どうする?スマホ持ち込み禁止の学校…

接触確認アプリの登場学校

どうも!サポティーです!

突然ですが、「COCOA(ココア)」を知っていますか?

☝️飲み物の「ココア」ではありません!

厚生労働省が発表した「新型コロナウイルス接触確認アプリ COVID-19 Contact-Confirming Application」略して、「COCOA」です👇

6月19日より、自粛が全面解除されましたね。それに伴い、都道府県をまたぐ移動も可能になりました。

遠出を我慢していた人たちにとっては朗報かと思います。

が!人の移動が増えることによる、「感染者との接触の増大」を心配される方も多いです。

そのような不安を解消するために、「COCOA」がリリースされました。

この記事では、「接触確認アプリCOCOA」の仕組みや使い方について解説をします。

さらに、学校の「スマホ持ち込み禁止ルール」の問題点についても解説します。

アプリのインストールは、厚生労働省のサイトを参考にしてください👇

サポティー
サポティー

この記事を読んだら「COCOA」をインストールしましょう!

「接触確認アプリCOCOA」とは?

コロナの陽性者と接触したかを確認できるアプリ

スマホのBluetooth機能を使い、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触(近づいたか)を確認することができます。

アプリを入れたスマホ同士が、Bluetoothでお互いを認識します。

新型コロナウイルスに感染した人と「1メートル以内」かつ「15分以上」の接触をした場合、スマホに通知が届くようになっています。

接触を確認できる期間は、過去14日間分です。

2週間前までさかのぼって、感染者との接触を確認できるようになっています。

早期発見、感染拡大防止のメリットがある

アプリの利用者は、感染者と接触したかどうかをすぐに確認することができます。自分でも気づかないうちに接触していたことをアプリが教えてくれます。

感染者との接触の可能性が早期に分かることで、保健所での検査の受診などを早く受けることができます。

「接触確認アプリ」の利用者が増えることで、感染拡大の防止につながると期待されています。

個人情報が収集されることはない

アプリを利用することで、個人が特定されることはありません!

氏名、電話番号、メールアドレスなどを入力することなく、アプリを利用することができます。

国もアプリで得られた情報を利用することはないと説明しています。

中国での活用されている「新型コロナの追跡アプリ」のようなものではないです。

国に監視されることなく、安心して利用できるアプリですね。

アプリの使い方

アプリをインストールする

まずはアプリをインストールしましょう!

インストールをすると、次のような画面になります。画面の指示にしたがってクリックしていくだけです。

これでアプリの設定は以上です。

ちなみに、アプリのホーム画面は次のようになっています👇

アプリのインストールから設定完了までに、一切個人情報を入力することなく終えることができました

必要なのは、「Bluetooth設定」と「通知設定」についてのみです。

設定が完了したら、Bluetoothをオンにしておくだけ

インストール後、画面の指示にしたがって設定が終了したら、スマホのBluetoothをオンにしておくだけです。

Bluetooth機能を使い、アプリが自動で陽性者との接触を確認します。

GPSなどの位置情報を使用することもありません。

スマホ同士の接触のデータは14日間保存され、14日を過ぎると自動的に無効になります。

自分のデータを消したいときは、アプリを削除することで、いつでも自由にデータを削除することもできます。

学校は「スマホ持ち込み禁止」だけど…

接触確認アプリ」は、その性質上、常に肌に離さずスマホを持っていなければ意味をなしません。

大人でしたら、カバンやポケットに入れて常に携帯することは可能ですが、子どもたちはどうでしょう…

文部科学省は、2009年に「小中学校は持ち込みを原則禁止」、「高校は校内での使用を禁止」という指針を出していました。

しかし、2019年に「スマホ持ち込み禁止」の指針を見直し、「一部解除」としました。

これまでの携帯電話の校内持ち込み禁止の方針を⾒直し、保護者が持たせたい時
は、登下校時に限り、子どもが携帯電話を所持できるよう、「持ち込み禁止」の方針を「一部解除」することにしまし
た。それに伴い、子どもたちが持参する携帯電話の取扱いに関するルールが必要であり、このガイドラインを策定しま
した。

文部科学省「小中学校における携帯電話の取扱いに関するガイドライン」

登下校中の子どもたちの安全を守るために、スマホの「持ち込み禁止」を「一部解除」としました。

「一部解除」と言っても、スマホを学校に持ってくる際は、同意書を学校に提出しなければなりません。

保護者の同意のもと、登下校中の緊急時のみの使用に限りスマホを持ってくることを許可されるだけです。

多くの学校では、学校にスマホを持ってきた場合は、登校後、スマホを回収するところが多いです。

スマホを回収されてしまえば、「接触確認アプリ」の意味がなくなってしまいます。

そもそも同意書を記入し、許可をもらうという手続きの手間があります。また、先生の中には、スマホに対して拒絶反応を示す方もいるので、同意書を受け取ってもらえないことも事実あります。

今後、保護者や子どもたちの中から、「スマホを学校に持っていきたい」という声をどんどん上がると考えられます。「接触確認アプリをインストールしているため」と説明した時に、学校はどう対応していくのでしょうかね…

サポティーまとめ

接触確認アプリCOCOA」とは、スマホに入れておくだけで感染者と接触したかどうかが分かるアプリです。

特徴としては、次のようなことが挙げられます。

  • 感染拡大防止につながる
  • Bluetooth機能を使用している
  • 個人情報を収集しないので安心して利用できる

自粛が解除されたため、徐々に人と人との接触が増えてきます。人との接触が増えれば、新型コロナウイルスに感染するリスクも高くなるということです。

第2波、第3波に備えるためにも、「接触確認アプリ」は必要なツールとも言えます。

接触確認アプリ」の効力を最大限活かすには、より多くの人がアプリをインストールしておく必要があります。

スマホを持っていれさえすれば、簡単に設定することができます。

しかし、子どもたちは簡単にいきません。

現在、小学生からスマホを持っていて当たり前な世の中です。

スマホを常に携帯していなければ効果を発揮できない「接触確認アプリ」ですが、学校の「スマホ持ち込み禁止ルール」が今後壁となるでしょう…

子どもの安心、安全のために「持ち込み禁止」を見直す学校が増えてくることと思います。

スマホを持っている当事者の方も、保護者の方も、今後のスマホの在り方について考えてみるのも良いかもしれませんね。

サポティー
サポティー

スマホを学校に持ち込むことのメリットとデメリットについて考える必要がありますね。
「接触確認アプリ」の登場により、学校側はスマホの取り扱い方について見直すべきだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました